中谷伸一の週刊レトラの世界
133.モネオ一族(シギリージャ)新着!!

ヘレスはサン・ミゲル地区の名家出身、ルイス・モネオの第2作目「メタル・フンディオ」(‘24)。近日中にアクースティカで取り扱い予定。製作元はエシハのインディーズ「ラ・ドロゲリア・ミュージック(La Droguería M […]

続きを読む
中谷伸一の週刊レトラの世界
132.フランスの記憶(マラゲーニャ・イ・ハベーラ)

パコ・エル・ロボとサンジタナンダの「メモリア・デ・ロス・カンテス・フラメンコスVOL.Ⅰ」(‘24) パリ生まれの70代  俗称“ペリーコのアンソロジー”で名高いカンテの聖典「アントロヒア・デル・カンテ・フラメンコ」は1 […]

続きを読む
中谷伸一の週刊レトラの世界
131.タイムトラベラー(アンデネス・デル・ティエンポ)

7年ぶりのソロ新作!!

 かつてコルドバの貴公子と持てはやされ、全世界の女性ファンを虜にしたフラメンコ・ギタリスト、ビセンテ・アミーゴも現在57歳(1967年3月25日生まれ)。還暦まで3年に迫ったベテランが、去る4月12日に、7年振り9枚目のソロアルバム「時のプラットホーム(Andenes del Tiempo)」を発表しました。

続きを読む
中谷伸一の週刊レトラの世界
130.オレ!チペン!!(ガロティンV)

1912年にガロティンを録音したニーニャ・デ・ロス・ペイネス(1890~1969)。セビージャ中心街のアラメダ・デ・エルクルス通りにマノロ・カラコール(1909~1973)、闘牛士チクエロ(1902~1967)と並んで建 […]

続きを読む
中谷伸一の週刊レトラの世界
129.“トルタ”登場(メリー・ウィドウ特別編)

昨年復刻されたトルタ遺作「ソリダリダ」、2015年版のライナーより。右写真前面で歌うのは兄のマヌエル・モネオ ボヘミアン追憶  全世界的な人気オペラ「メリー・ウィドウ」のスペイン語版パロディ「フローラ、魅惑の未亡人」は、 […]

続きを読む
中谷伸一の週刊レトラの世界
128.ダニロとトリビオ(ガロティンⅣ)

メリー・ウィドウのスペイン語翻案版「ドラ、陽気な未亡人」の脚本表紙 メディア・ボスで歌いながら 「短丈の闘牛服にコレタ(後頭部に結う闘牛士特有の弁髪)の格好で、口笛を吹きつつ、メディア・ボスのフラメンコ・スタイルで歌いな […]

続きを読む
中谷伸一の週刊レトラの世界
127.踊ってモルーチョ!(ガロティンⅢ)

ハイライトにガロティンが登場する、1911年マドリード初演「フローラ、魅惑の未亡人」の脚本表紙 「メリー・ウィドウ」が原作  お待たせしました!フラメンコの人気曲種“ガロティン”が登場する、1911年マドリード初演の「フ […]

続きを読む
中谷伸一の週刊レトラの世界
126.コートは質草(ガロティンⅡ)

ラファエル・ロメーロとペリーコ父の共演が聴ける「GRABACIONES EN PARÍS 1956-1959」 ロメーロ&初代ペリーコ  ご紹介予定だった「FLORA, LA VIUDA VERDE」(1911年)は、思 […]

続きを読む
中谷伸一の週刊レトラの世界
125.夜露にぬれて(ガロティン)

「エストレージャ&ラファエル」(‘23)のジャケット。ガロティンは収録3曲目。 ガロティンの旅路  アップが遅くなりましてすみません。ついさっきまで約100年前にマドリードで上演された喜劇「FLORA, LA VIUDA […]

続きを読む
中谷伸一の週刊レトラの世界
124.エストレージャ&ラファエル(シギリージャ)

2023年11月16日、ユネスコ世界遺産登録と同一月日「フラメンコ国際デー」に発表の新作「エストレージャ&ラファエル」は現在デジタル配信中。CD発売は4月26日からの予定。 女王とマエストロの本領  エストレージャ・モレ […]

続きを読む