テレモート・デ・ヘレスの胸像

1.魚の餌食になるがいい(前編)

(歌手:テレモート・デ・ヘレス/曲種:ブレリア・ポル・ソレア)

最初のご紹介は約40年前、1980年のライヴ録音です。昔のレトラはオリジナルに近く、本来の意味が知れる場合が多いので選びました。

 曲種はブレリア・ポル・ソレア。「ソレアのテンポのゆっくりしたブレリア」の意味です。歌手はテレモート・デ・ヘレス(1934~1981)。直訳で“ヘレスの地震”という、迫力ある熱血歌唱が売りの大スターでした。今は孫のマリア・テレモート(1999~)が、その芸を継承し活躍しています。 

 では、歌詞の構成を、最初から順番に見ていきます。

Esta エスタ gitana ヒターナ merece メレセ

このヒターナの報いさ

esta エスタ gitanita ヒタニータ merece メレセ

このヒタニータの報いさ

la eche エチェ a un ウン barquito バルキート perdido ペルディード

破れ船に投げこまれ

y se la comen コーメン los ロス peces ペセス

魚の餌食になるがいい

De tarlatana タルラタナ era エラ el エル vestidoベスティード

お衣装のターラタン

paraパラ el エル niño ニーニョ de San サン Antonioアントニオ

サン・アントニオ様の幼子が

que lo tieneティエネ enエン losロス brazosブラソス

御腕でお召しになるものは

que se lo tengoテンゴ ofrecidoオフレシード

  わたしが奉納したのです

Nuncaヌンカ de la leyレイ faltéファルテ

愛は忘れたことがない

que la tengoテンゴ tanタン presenteプレセンテ

いつでも現在進行形だから

comoコモ la primeraプリメラ vezベス

まるで出会った頃のように

Miraミラ qué buenaブエナ eraエラ mi madreマドレ

母さんは素敵な人だった

yoジョ la vi sinシン elエル mantónマントン

マントン無しでいたんだぜ

y lo habíaアビア empeñaditoエンペニャディート

そいつを質に入れちまい

pa(ra que comprarmeコンプラールメ un ウンcamisónカミソン) 

(俺にシャツを買うために)

 一つの「レトラ」は、①~④の各番号のように、3~4行詞で構成されたものを、ひとかたまりと考えます。

 ①はテレモートが得意としたヘレスの伝承詞で、「このヒターナの報いさ(Esta gitana merece)」を枕詞に、結末が異なるパターンを、他の唄い手も録音しています。

 ヒターナは、自分の恋人か妻でしょう。2行目は1行目と同じ文言のリピートですが、「gitana→gitanita」と縮小辞「ita」を加え、変化を付けています。

 3、4行目は、彼女の末路を「破れ船に投げ込まれ」「魚の餌食になるがいい」と、怨念を込めて歌います。一見マッチョですが、現実の暮らしでは妻の尻に敷かれ、カンテの世界でストレス発散という側面も、多分にあったようです。

 ②はキリスト教の世界へ飛びます。ターラタンとは薄手の透けたモスリン生地を指し、2行目の「サン・アントニオの幼子」に寄贈する衣装のことです。

 男女の愛憎から、聖者が腕に抱く幼子へ――レトラ①から②へ、ガラリと内容が変わるのも、カンテの特徴です。歌うテレモートの胸中には、何らかの因果関係があったかもしれません。単に①~④を一括りで記憶しているとも考えられます。

(後編③④に続く)

【出典】「Historia del Flamenco /Testimonios flamencos I」より聴取り翻訳。


最初のご紹介は約40年前、1980年のライヴ録音です。昔のレトラはオリジナルに近く、本来の意味が知れる場合が多いので選びました。

 曲種はブレリア・ポル・ソレア。「ソレアのテンポのゆっくりしたブレリア」の意味です。歌手はテレモート・デ・ヘレス(1934~1981)。直訳で“ヘレスの地震”という、迫力ある熱血歌唱が売りの大スターでした。今は孫のマリア・テレモート(1999~)が、その芸を継承し活躍しています。 

 では、歌詞の構成を、最初から順番に見ていきます。

Esta エスタ gitana ヒターナ merece メレセ

このヒターナの報いさ

esta エスタ gitanita ヒタニータ merece メレセ

このヒタニータの報いさ

la eche エチェ a un ウン barquito バルキート perdido ペルディード

破れ船に投げこまれ

y se la comen コーメン los ロス peces ペセス

魚の餌食になるがいい

De tarlatana タルラタナ era エラ el エル vestidoベスティード

お衣装のターラタン

paraパラ el エル niño ニーニョ de San サン Antonioアントニオ

サン・アントニオ様の幼子が

que lo tieneティエネ enエン losロス brazosブラソス

御腕でお召しになるものは

que se lo tengoテンゴ ofrecidoオフレシード

  わたしが奉納したのです

Nuncaヌンカ de la leyレイ faltéファルテ

愛は忘れたことがない

que la tengoテンゴ tanタン presenteプレセンテ

いつでも現在進行形だから

comoコモ la primeraプリメラ vezベス

まるで出会った頃のように

Miraミラ qué buenaブエナ eraエラ mi madreマドレ

母さんは素敵な人だった

yoジョ la vi sinシン elエル mantónマントン

マントン無しでいたんだぜ

y lo habíaアビア empeñaditoエンペニャディート

そいつを質に入れちまい

pa(ra que comprarmeコンプラールメ un ウンcamisónカミソン) 

(俺にシャツを買うために)

 一つの「レトラ」は、①~④の各番号のように、3~4行詞で構成されたものを、ひとかたまりと考えます。

 ①はテレモートが得意としたヘレスの伝承詞で、「このヒターナの報いさ(Esta gitana merece)」を枕詞に、結末が異なるパターンを、他の唄い手も録音しています。

 ヒターナは、自分の恋人か妻でしょう。2行目は1行目と同じ文言のリピートですが、「gitana→gitanita」と縮小辞「ita」を加え、変化を付けています。

 3、4行目は、彼女の末路を「破れ船に投げ込まれ」「魚の餌食になるがいい」と、怨念を込めて歌います。一見マッチョですが、現実の暮らしでは妻の尻に敷かれ、カンテの世界でストレス発散という側面も、多分にあったようです。

 ②はキリスト教の世界へ飛びます。ターラタンとは薄手の透けたモスリン生地を指し、2行目の「サン・アントニオの幼子」に寄贈する衣装のことです。

 男女の愛憎から、聖者が腕に抱く幼子へ――レトラ①から②へ、ガラリと内容が変わるのも、カンテの特徴です。歌うテレモートの胸中には、何らかの因果関係があったかもしれません。単に①~④を一括りで記憶しているとも考えられます。

(後編③④に続く)

【出典】「Historia del Flamenco /Testimonios flamencos I」より聴取り翻訳。

③は男女の愛へテーマが戻ります。①の激烈な恨み節とは打って変わって、自らの一途な愛の誠実ぶりを、積極的にアピールします。

 ④はカンテの主要テーマとして不可欠な、母親礼賛のレトラへ転じます。精細な刺繍をほどこしたショール「マントン」は、アレグリアスを始め踊り舞台で使う定番アイテムですが、当時のヒターノ一族の女性にとって、ファッション小物として必須の肩掛けでした。

 そんな大切なものを質に入れ、息子のシャツを買おうとする母親。いつの時代も母は偉大でした。観客の男たちの感極まった叫び声がそれを物語ります。

 歓声にかき消されたレトラを推測し、テレモート本人が良く歌うヴァージョンを入れたのが、カッコ内の最終行です。

 ①から④を振り返ると、大河のような感情が底流にあることに気付かされます。憎く、愛しく、聖なる「女性」の多面性を、いちどきに語っているわけです。そう考えると唐突な転換も、それほど不自然でない気がしてきます。

 ことし2021年は、1981年9月6日の逝去からちょうど40年目。現地メディアではさまざまな追悼企画が組まれました。これを機に今一度、あの炎の歌声に耳を傾けるのも、早世した英雄への供養となるかもしれません。(了) 

2023年新春キャンペーン

【他のコンテンツも楽しみませんか?いまなら1ヶ月無料!】
アクースティカ倶楽部に参加すると、全てのコンテンツを見ることができ、楽しいライブ・イベントやプロジェクトに参加することができます。